6秒動画共有サービス「Vine」が「byte」として復活

「Vine」と言えば2017年1月にサービス終了となったTwitterの6秒動画共有サービスですが、その「Vine」が「byte」として復活しました。

「byte」を復活させたのは「Vine」の共同創業者であるDom Hofmann氏で、同氏は「Vine」のサービス終了後から後継サービスの立ち上げに向けて取り組んできていることを明らかにしていましたが、ようやく復活出来た模様。

既にiOSとAndroid向けにアプリがリリースされており、機能面は「Vine」と同じで、カメラで撮影したり、カメラロール内の動画から6秒のループ動画を作成し、共有することが可能となっています。

なお、アプリの価格は無料で、今後はクリエイターに対価を支払うパートナープログラムも計画されています。

byte - creativity first

byte – creativity first

Byte Inc.無料

[via The Verge

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。