「iOS 13.3」は来週に正式リリースか

現在、ベータテストが続けられている「iOS 13.3」および「iPadOS 13.3」ですが、正式リリースは来週になることが分かりました。

これはベトナムの携帯電話キャリアであるViettelの文書から明らかになったもので、「iOS 13.3」と「watchOS 6.1.1」は来週に正式にリリースされるとのこと。

Viettelは現地時間12月13日(金)にeSIMサービスを開始する予定で、サービスを利用するには「iOS 13.3」と「watchOS 6.1.1」にアップデートする必要があることから、来週中に両OSが正式にリリースされることが予想でき、Appleは現地時間の月〜水にOSのアップデートをリリースすることが多い為、現地時間の12月11日(水)までにリリースされるものと予想されます。

なお、「iOS 13.3」では、スクリーンタイムで通話・通信の制限が利用可能になったり、キーボードにMemojiを表示しないよう設定することが可能になる予定です。

また、同時に「macOS Catalina 10.15.2」と「tvOS 13.3」もリリースされるものと予想されます。

[via 9To5Mac

「iOS 13.3 beta 1」と「iPadOS 13.3 beta 1」での変更点

6 COMMENTS

taisy0

有難う御座います!訂正させて頂きました!

匿名

AppleのアップデートもMSの月例テロなみの警戒対象になってきてるのが残念だなあ……

匿名

iOS13になってからこれで何回目だ?
機能追加が主じゃなくバグ修正がホントの中身じゃない?
実際自分の11 Pro Maxバグだらけでボロボロだったし。

匿名

iOSアップしてからすんごい勢いで電池消費してんだけどiPhoneそれぞれに合わせた電池の使い方に変えてほしいわ

それともバグなん?

匿名

単純に新製品に合わせたアップデートなのでは?
それにしてもAppleの組織体制に問題があってソフトのバグが発生しやすいことこそ
トランプさんがTwitterで攻撃してほしい。

現在コメントは受け付けておりません。