「iPhone 12」シリーズは全4モデル構成に?? − 全モデルとも有機EL搭載で5G通信対応

MacRumorsによると、JP MorganのアナリストであるSamik Chatterjee氏が、投資家向けのレポートの中で、Appleは2020年に4つのモデルの新型「iPhone」を発売すると予測していることが分かりました。

同氏は、2020年は5.4インチモデルと6.7インチモデルと2つの6.1インチモデルの計4モデルが発売されると予想しており、ハイエンドモデルが6.1インチと6.7インチ、ローエンドモデルが5.4インチと6.1インチになるとのこと。

また、全てのモデルで有機ELディスプレイが採用され、ハイエンドモデルは、5GのmmWave(ミリ波)のサポート、トリプルカメラ、3Dセンシングが特徴となり、ローエンドモデルは5Gのサブ6GHz帯のサポートとデュアルカメラが特徴となる模様。

また同氏は、Appleは2021年から新型「iPhone」の発表を年2回に分ける計画で、2021年前半に2モデル、2021年後半に2モデルといった形になると予測しています。

なお、情報元が同じなのかは不明ですが、2020年発売の次期「iPhone」シリーズが4モデルになるといった情報や全てのモデルで有機ELが採用されるといった情報などは、先日に韓国のET Newsが報じていた内容と一致しています。(下記エントリ参照)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。