Apple、「WWDC」アプリを「Apple Developer」アプリに刷新

本日、Appleが「WWDC」アプリを「Apple Developer」アプリに改名し、リニューアルしたことを開発者に対して案内しています。

このリニューアルに伴い、”見つける”タブの追加や検索UIの向上、ダークモードのサポート、韓国語のサポートなどが追加されています。

また、Apple Developer Programの登録も可能となっている(一部非対応の国と地域あり)他、その他機能向上とバグの修正が行われています。

なお、従来通り価格は無料です。

Apple Developer

Apple Developer

Apple無料

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。