iOS/Android向け「Cortana」アプリ、来年1月末のサポート終了の対象国が明らかに

昨日、Microsoftが2020年1月31日をもって一部の国でiOSおよびAndroid向け「Cortana」アプリのサポートを終了することをお伝えしましたが、その後、サポート終了となる国の詳細が明らかになりました。

これはThe VergeがMicrosoftから確認したもので、2020年1月31日をもってiOSおよびAndroid向け「Cortana」アプリのサポートが終了となるのは、イギリス、オーストラリア、ドイツ、メキシコ、中国、スペイン、カナダ、インドの8カ国となっています。

2020年2月1日以降は、上記の8カ国ではiOSおよびAndroid向け「Cortana」アプリの提供が終了し、機能しなくなる他、Android向け「Microsoft Launcher」アプリからもCortanaが削除されます。

なお、日本は今のところ対象国に含まれていませんが、今後どうなるのかは不明です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。