Microsoft、2020年1月31日をもって一部の国でiOSおよびAndroid向け「Cortana」アプリのサポートを終了へ

先日、MicrosoftはAndroid向けの「Microsoft Launcher」アプリからCortanaを削除する可能性があることをお伝えしましたが、Microsoftが2020年1月31日をもって、一部の国でAndroidおよびiOSでのCortanaアプリのサポートを終了することを発表しました。

これにより、2020年1月31日をもって、リマインダーやリストなどのCortanaのコンテンツはCortanaのモバイルアプリやMicrosoft Launcherでは機能しなくなるとのこと。

CortanaのコンテンツはWindows上のCortanaから引き続きアクセス可能で、Cortanaのリマインダー、リスト、タスクはMicrosoft To-Doアプリに自動的に同期されるそうです。

また、2020年1月31日以降は、Cortanaのモバイルアプリはサポートされなくなり、Cortanaが削除されたMicrosoft Launcherが提供されます。

なお、現時点でこの対応が案内されているのは、イギリス、カナダ、オーストラリアのみで、他の国にも拡大されるのかは不明です。

[via MSPU

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。