iOS版「LINE」、12月頃から利用推奨年齢レートを12歳以上に引き上げへ

本日、LINEが、2019年12月頃よりiOS(iPhone)版LINEの利用推奨年齢レートを12歳以上に変更する予定で、対象のユーザーは設定変更をしなければ利用出来なくなることを案内しています。

この措置は青少年保護を目的としたもので、新たにLINEの利用推奨年齢を12歳以上に引き上げることで、保護者がLINEの利用について管理できるようになるとのこと。

時期は12月頃と案内されているものの、変更される場合があり、実施日以降推もiPhoneの設定が「4歳以上」「9歳以上」のままだと、LINEのアプリアイコンが消えたり、「機能制限がオンです」と表示されてLINEが開けなくなったりするそうです。

対象のユーザーで継続して利用したい場合は、以下の手順で設定を変更する必要があります。

■iOS12以降の場合
1,設定>スクリーンタイム
2,コンテンツとプライバシーの制限
3,スクリーンタイム・パスコードを入力
4,コンテンツ制限
5,App
6,「すべてのAppを許可」または「12+」など適切な年齢設定を選択

■iOS11以前の場合
1,設定
2,一般
3,機能制限
4,機能制限パスコードを入力
5,App
6,「すべてのAppを許可」または「12+」など適切な年齢設定を選択

なお、この措置について、Android版LINEやPC版LINEなどには影響はないとのこと。

LINE

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。