Apple、2022年までに「iPhone」に自社開発の5Gモデムチップを採用へ

本日、Fast Companyが、Appleの計画に精通した情報筋の話として、同社は2022年までに「iPhone」に独自の5Gモデムチップを搭載することを目標としているようだと報じています。

Appleは今年7月にIntelのスマホ向けモデム事業を買収しましたが、同社の5GモデムチップはIntelから買収して得た知的財産に基づいており、同社は2022年までに「iPhone」に同チップを搭載することを目指している模様で、来年に発売される「iPhone」にはQualcommの5Gモデムチップが採用される予定だそうです。

5Gモデムチップの開発は、元Qualcommで半導体部門のトップを務めた実績があるEsin Terzioglu氏が主導しているそうで、Appleとしては5Gモデムチップを最終的に「A」シリーズチップに統合する計画ですが、「A」シリーズチップへの統合はすぐに行われない可能性があり、2022年は個別のチップとして採用し、2023年に統合するかもしれないとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。