Apple、10月からの消費税増税に伴いApp Storeのアプリ価格を改定へ

本日、Appleが、10月からの日本の消費税改定により、App Storeにおけるアプリの価格を改定することを案内しています。

2019年10月から日本の消費税は8%から10%に増加しますが、これにより日本のApp Storeのアプリの価格、および自動更新サブスクリプションを除くアプリ内課金の価格が値上げとなります。

これまで、アプリの価格は、120円、240円、360円…といった形でしたが、改定後は120円、250円、380円…となり、改定の一部詳細は下記の通り。
こちらで全ての価格設定が閲覧可能です)

  現状 改定後
120円 120円
240円 250円
360円 370円
480円 490円
5 600円 610円
6 720円 730円
7 840円 860円
8 960円 980円
9 1,080円 1,100円
10 1,200円 1,220円
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。