「iPhone 11」シリーズ、双方向ワイヤレス充電機能の部品を搭載もソフトウェアで制限か

「iPhone 11」シリーズの発表前まで、同シリーズには本体背面で「Apple Watch」や「AirPods」を充電出来る双方向ワイヤレス充電機能が搭載されると噂されていたものの、最終的に同機能は搭載されなかったのですが、実際には同機能用の部品は搭載されており、iOSに無効化されているとの情報が出て来ました。

その情報を伝えたのは著名リーカーのSonny Dickson氏で、同氏曰く、信頼出来る情報筋の話として、「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」には双方向ワイヤレス充電機能に必要なハードウェアは搭載されているものの、ソフトウェアにより無効になっているとのこと。

発表直前には、同機能の充電効率がAppleの基準を満たさなかったため見送られたとの情報もありましたが、本当に部品が搭載されているのであれば、いつか有効化される可能性があるのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。