「iPhone 11」シリーズ、5.8/6.5インチモデルのみ18W USB-C電源アダプタを同梱か

Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、今晩に発表される「iPhone 11」シリーズに関する最新の予測レポートを公開したことが分かりました。

同氏の最新のレポートによると、「iPhone 11」シリーズは全てのモデルがApple Pencilによる入力はサポートしておらず、コネクタは引き続きLightningコネクタが採用され、5.8インチと6.5インチモデルは18W USB-C電源アダプタが、6.1インチモデルは5W USB-A電源アダプタが同梱されるとのこと。

また、「iPhone 11」シリーズには背面でApple Watchなどを充電出来る双方向ワイヤレス充電機能が搭載されると言われていますが、充電効率がAppleの基準を満たしていない可能性があることから、同機能をサポートしていない可能性がある模様。

さらに、デザインは変わらないものの、新しいカラーモデルが追加される他、全てのモデルに屋内ナビゲーションや追跡サービス用として超広帯域無線システム(UWB)が搭載されているそうです。

[via cnBeta

6 COMMENTS

匿名

Appleは何がしたいのかな? しけた新機種なら出さなくてもいいのに。ただただ高いだけのメーカー。

匿名

appleはiPadに力入れてるみたいだし、iPadの会社てもういい気がする。

匿名

まだ始まってもないのに解散は、初ですね!発表された後のガッカリ感がどんなものか、それだけが見ものです。

現在コメントは受け付けておりません。