「iMac」の次のモデルチェンジは来春 − Intelの次期デスクトップ向けプロセッサ「Comet Lake-S」は来年初頭に登場予定

米Intelの第10世代Coreプロセッサ「Comet Lake」のデスクトップ向けプロセッサである「Comet Lake-S」に関するロードマップが流出し、2020年第1四半期に投入されることが分かりました。

「Comet Lake-S」は14nm+++プロセス製造で、最大10コア/20スレッドになり、ソケットはLGA1200、対応チップセットはIntel 400 シリーズ、PCI-Express 3.0などが特徴となる模様。

「Comet Lake-S」の投入時期については、以前より2020年第1四半期と言われてきましたが、今回のスライド流出により、そのことが確認されたことになります。

なお、Macであれば同シリーズを採用しているのは「iMac」シリーズで、最新の2019年モデルは今年3月に発売されており、上記時期プロセッサの登場時期から、「iMac」シリーズは来年の春頃にモデルチェンジが行われるものと予想されます。

[via WCCFTech

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。