Apple、新型「iPhone」に続き、年内に「MacBook Pro 16インチ」など多数の新製品を投入か − 安価な「HomePod」も開発中

Bloombergが、状況に精通した人物らの話として、Appleは来月のイベントで3つの新しい「iPhone」を発表する予定で、その新型「iPhone」は9月に発売される可能性が高いと報じています。

また他にも、年内にはカメラやプロセッサがアップグレードされた新型「iPad Pro」、10.2インチの新型「iPad」、新型「Apple Watch」、デザインが刷新され16インチ以上のディスプレイを搭載した新型「MacBook Pro」なども発売されると報じています。

さらに、耐水性とノイズキャンセリング機能が特徴の新型「AirPods」も開発されており、来年までに発表される予定で、安価な「HomePod」も開発しているとのこと。

なお、今回公開された情報をまとめると下記の通り。

iPhone

iPhone XS/XS Maxの後継モデルである”Pro”モデルとiPhone XRの後継モデルの3種類の新型「iPhone」が発売される予定で、”Pro”モデルは3眼カメラが特徴となり、写真撮影や動画撮影機能が大幅にアップグレードされます。

本体背面でAirPodsを充電出来る双方向ワイヤレス充電システムも搭載される他、一部のカラーモデルの背面はマットな仕上げになり、落とした際に割れにくくする技術も導入されるとのこと。

さらに、より広い範囲をスキャン出来る新しいマルチアングル Face ID センサーが搭載され、iPhoneをテーブルの上に置いた平らな状態でもFace IDでロック解除が可能になるそうです。

他にも、耐水性の強化、3D TouchのHaptic Touchへの置き換え、A13プロセッサ搭載、複数の数学的なタスクを処理する為にメインチップを使わない「AMX」もしくは「matrix」と呼ばれる新しいコプロセッサの搭載などが特徴となり、iPhone XRの後継モデルについては2眼カメラを搭載し、ズーム機能やポートレートモードが強化され、新しいグリーンモデルが用意されます。

iPad

11インチと12.9インチの「iPad Pro」は、より高速なプロセッサやアップグレードされたカメラが搭載されるマイナーチェンジが行われる模様。

「iPad」については、ディスプレイが10.2インチに大型化され、9.7インチモデルは販売終了となる見込み。

Apple Watch

セラミックやチタンの新しい素材を採用したケースのモデルが登場。

AirPods

耐水性とノイズキャンセリング機能が特徴の新モデルが開発中で、来年までに発表され、価格は現行モデルよりも高くなる可能性がある。

HomePod

より安価なモデルが開発されており、ツイーターは現行モデルの7個から2個に減らされる。

Mac

Appleは16インチ以上のディスプレイを搭載した「MacBook Pro」を計画しており、ベゼルが細くなることから本体サイズは現行の15インチモデルに近いサイズになる。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。