Apple、次期「MacBook Air/Pro」では新しい構造のキーボードを採用か

MacRumorsによると、Apple関連の情報ではお馴染みのTF International SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、Appleは今年発売される次期「MacBook Air」からシザースイッチ式のキーボードを採用するようだと報告していることが分かりました。

現行の「MacBook Pro」や「MacBook Air」のキーボードにはバタフライ構造が採用されているものの、リコールなども発生し、信頼性が疑問視されていますが、今年発売の次期「MacBook Air」と来年発売の次期「MacBook Pro」にはシザースイッチ式の新しいキーボードが採用されるとのこと。

なお、シザースイッチ式のキーボードは、全く新しいデザインで、グラスファイバー素材が用いられ、従来よりもキーストロークが深くなり、強度が増すと言われています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。