新型「MacBook」か − ユーラシア経済委員会のデータベースにMacの未発表モデルが登場

MacRumorsによると、ユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission)のデータベースに、Macの未発表モデルのモデルナンバーが登録されたことが分かりました。

新たに存在が判明したMacのモデルナンバーは、A2141、A2147、A2158、A2159、A2179、A2182、A2251の7つで、ポータブルコンピューターとして説明されている為、MacBookシリーズの何らかの新モデルとみられています。

MacBookシリーズで一番長くモデルチェンジが行われていないのは12インチの「MacBook」で、2017年6月以降、2年以上もモデルチェンジが行われておらず、Intelも次期「MacBook」に採用されるであろう第10世代Coreプロセッサ(Ice Lake)のYシリーズを発表していることを考えると、新型「MacBook」の可能性が一番高そうです。

また、以前より噂されている、16インチディスプレイを搭載し全く新しいデザインを採用した「MacBook Pro」である可能性もあります。

なお、ユーラシア経済委員会は過去にも新モデルのモデルナンバーをフライングで公開した多数の実績があります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。