Apple、「iPadOS」を発表 − マルチウインドウ機能など

本日、Appleが「WWDC19」において、iPad向け「iOS」こと「iPadOS」を新たに発表しました。

ホーム画面にウィジェットを表示可能になった他、Split Viewではマルチウインドウの機能に対応し、Exposéで全てのアプリのウインドウを表示することも可能です。

「ファイル」アプリでは、カラム表示やクイックアクション、フォルダ共有をサポートし、SMBファイルの共有も可能で、USBドライブの読み込みにも対応しています。

「Safari」はデスクトップのようなブラウジングが可能になり、ダウンロードマネージャーや新しいショートカットキーを搭載し、フォントもカスタムフォントを利用可能になり、App Storeよりダウンロード可能。

また、「Apple Pencil」のレイテンシーは20msから9msに。

なお、「iPadOS」の開発者向けプレビュー版は本日より、パブリックベータ版は7月に提供が開始され、今秋に正式にリリース予定です。

1 COMMENT

匿名

その前に、ひん曲がる本体を何とかしてくれ。

現在コメントは受け付けておりません。