Apple、「iPadOS」を発表 − マルチウインドウ機能など

本日、Appleが「WWDC19」において、iPad向け「iOS」こと「iPadOS」を新たに発表しました。

ホーム画面にウィジェットを表示可能になった他、Split Viewではマルチウインドウの機能に対応し、Exposéで全てのアプリのウインドウを表示することも可能です。

「ファイル」アプリでは、カラム表示やクイックアクション、フォルダ共有をサポートし、SMBファイルの共有も可能で、USBドライブの読み込みにも対応しています。

「Safari」はデスクトップのようなブラウジングが可能になり、ダウンロードマネージャーや新しいショートカットキーを搭載し、フォントもカスタムフォントを利用可能になり、App Storeよりダウンロード可能。

また、「Apple Pencil」のレイテンシーは20msから9msに。

なお、「iPadOS」の開発者向けプレビュー版は本日より、パブリックベータ版は7月に提供が開始され、今秋に正式にリリース予定です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。