Pegatron、6月からインドネシアで「MacBook」や「iPad」の組み立てを開始か

DigiTimesによると、台湾のPegatronが6月にインドネシアでAppleの「MacBook」と「iPad」の組み立てを開始する予定であることが分かりました。

これは現地メディアのDetiklnetが報じたもので、Pegatronは6月からインドネシアのバタムにある現地メーカーのPT Sat Nusapersadaを介して、「MacBook」と「iPad」の組み立てを開始するとのこと。

PT Sat NusapersadaのCEOであるAbidin Hasibuan氏はこのことを否定しなかったようで、特定の顧客名などは明らかにしなかったものの、製品は米国に出荷される予定とのことで、米中貿易戦争も影響しているものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。