Microsoft、Surfaceブランドのイヤフォンを開発中か

本日、Thurrottが、Microsoftの計画に精通した複数の情報筋の話として、同社はAppleの「AirPods」に対抗するSurfaceブランドのイヤフォンを開発しているようだと報じています。

そのイヤフォンは「Morrison(モリソン)」というコードネームで呼ばれており、その名前はロックバンド「ドアーズ」のボーカリストだったジム・モリソンから来ているのではないかと考えられています。

機能面や他のライバル商品との差別化など、詳細はまだ不明ですが、「Surface Headphones」のようにCortanaが統合され、ノイズキャンセリング機能が搭載されるのではないかとみられています。

ただ、発売時期もまだ不明で、AIアシスタントを搭載したイヤフォンと言えば、Amazonも早ければ今年下半期にAlexaを内蔵したワイヤレスイヤフォンを発売すると噂されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。