「Windows 10 20H1」、まもなくFastリングに移行へ

Microsoftが、「Windows 10」の次期大型アップデートである「20H1」ビルドの提供をまもなくFastリングに移行することを案内しています。

「20H1」ビルドは来春にリリース予定の大型アップデート(機能アップデート)のプレビュービルドで、これまではSkip Ahaedリングでのみ提供されてきましたが、「Windows 10 May 2019 Update(19H1)」が来週よりRelease Previewリングへ移行することを受けて、「20H1」ビルドがFastリングへと移行されます。

また、これまでSkip Ahaedリングで同ビルドをテストしてきたユーザーもFastリングへと戻される予定。

なお、Microsoftとしては、今春遅く(6月頃?)に今秋にリリース予定の次期大型アップデート「19H2」のテストも開始する予定で、その際に改めて各種リングの調整が行われるものと予想されます。

「20H1」ビルドはまだまだリリースが先のビルドで、バグや不具合も多いことから、インストールしたくないテスターの方はSlowリングやRelease Previewリングへの変更を推奨します。

[via MSPU

「Windows 10 19H1」の正式名は「Windows 10 May 2019 Update」に − 5月後半より順次提供開始へ

1 COMMENT

匿名

来年からは、大型更新を年1回にしてほしい!
19H2のほうも発表を急いでもらいたいね。
しかしスケジュールがガタガタになってきてるなぁ

現在コメントは受け付けておりません。