「Windows 10 20H1」、まもなくFastリングに移行へ

Microsoftが、「Windows 10」の次期大型アップデートである「20H1」ビルドの提供をまもなくFastリングに移行することを案内しています。

「20H1」ビルドは来春にリリース予定の大型アップデート(機能アップデート)のプレビュービルドで、これまではSkip Ahaedリングでのみ提供されてきましたが、「Windows 10 May 2019 Update(19H1)」が来週よりRelease Previewリングへ移行することを受けて、「20H1」ビルドがFastリングへと移行されます。

また、これまでSkip Ahaedリングで同ビルドをテストしてきたユーザーもFastリングへと戻される予定。

なお、Microsoftとしては、今春遅く(6月頃?)に今秋にリリース予定の次期大型アップデート「19H2」のテストも開始する予定で、その際に改めて各種リングの調整が行われるものと予想されます。

「20H1」ビルドはまだまだリリースが先のビルドで、バグや不具合も多いことから、インストールしたくないテスターの方はSlowリングやRelease Previewリングへの変更を推奨します。

[via MSPU

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。