「Windows 10 19H1」の正式名は「Windows 10 May 2019 Update」に − 5月後半より順次提供開始へ

本日、Microsoftが、「19H1」というコードネームで開発してきた「Windows 10」向けの次期大型アップデートの正式名称は「Windows 10 May 2019 Update」になり、5月後半から一般向けに順次提供を開始することを発表しました。

5月後半の一般向け正式リリースに向け、来週にはまずRelease Previewリングへの提供が開始されます。

また同時に、Windows Updateの仕組みにも一部変更が加えられることも発表され、新たに”ダウンロードとインストール”のオプションが用意され、Windows Updateで手動でアップデートをチェックした場合、次の大型アップデートが利用可能なことを示すメッセージが表示され、別途、ダウンロードおよびインストールするボタンが用意されるようになります。

これにより、手動でアップデートをチェックした場合に大型アップデートを必ずしもインストールする必要がなくなり、通常の累積更新プログラムのみをインストールできます。
(使用中のWindows 10がサポートを終了しているバージョンの場合は自動的に最新の大型アップデートがインストールされます)

なお、このオプションは、「Windows 10 May 2019 Update」だけでなく、5月末までに「Windows 10 October 2018 Update」や「Windows 10 April 2018 Update」でも利用可能になるとのこと。

[via Windows Central, Neowin

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。