Chromium版「Microsoft Edge」のハンズオン動画

本日、Microsoftが開発中のChromiumベースの「Microsoft Edge」の新たなスクリーンショットが公開されたことをお伝えしましたが、その後、ThurrottのBrad Sams氏もChromiumベースの「Microsoft Edge」のスクリーンショットやハンズオン動画を公開しています。

機能面などはこれまでにお伝えしている通りで、初回起動時にChromeや他のブラウザから各種設定のインポートやタブのスタイルを選択でき、拡張機能はMicrosoft StoreとChromeウェブストアの両方からインストール可能とばっています。

また、下記スクリーンショットは「Google Chrome」、Chromium版「Microsoft Edge」、現行の「Microsoft Edge」でTweetDeckを起動して5分間放置した際のメモリの使用量となっており、「Google Chrome」は456MB、Chromium版「Microsoft Edge」は294.5MB、現行の「Microsoft Edge」は314MBと、メモリの使用量も抑えられています。

なお、公開されたハンズオン動画が下記映像で、実際に動いている様子が見れるので是非ご覧下さい。また、Thurrottには複数のスクリーンショットが掲載されているので、そちらもどうぞ。

Chromium版「Microsoft Edge」の新しいスクリーンショット

2 COMMENTS

匿名

日本のメディアもニュースにしてますね。
マイナビとか。そろそろ公式に姿を現すか?
早く使ってみたいなぁ…。今はFirefox。

現在コメントは受け付けておりません。