Apple、国内での「Apple Maps」のイメージ収集エリアを拡大へ − 愛知や関西など

本日、Appleが、日本国内での「Apple Maps」に使用するイメージ収集のエリアを拡大することを発表しています。

「Apple Maps」に使用するイメージ収集は、国内では2018年6月より東京と千葉で実施されていましたが、2019年4月以降は、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良でも実施されます。

なお、収集したデータはこ「Apple Maps」の品質向上の為に行われ、調査を行う際、ユーザーのプライバシーの保護を最重要視しており、収集したイメージに含まれる顔やナンバープレートを公開前にぼかし加工するとのこと。

Apple Mapsのイメージ収集 – Apple

[via APPLE LINKAGE

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。