「グループFaceTime」のバグ修正アップデートの提供は来週になる模様

先日、Appleは「グループFaceTime」の機能に重大なバグが見つかったことから、同機能の提供を一時停止し、週内に修正アップデートをリリースすると明らかにしていましたが、9to5Macによると、アップデートの提供は来週にずれ込むことが分かりました。

そのバグとは、特定の操作を行うと、グループFaceTimeで着信側が応答していないにも関わらず、着信側の音声が発信側に聞こえてしまうといったもの。

Apple曰く、「グループFaceTime」のバグの修正は完了しており、来週に「グループFaceTime」を有効化にするためにソフトウェアアップデートをリリースする予定とのこと。

また、同バグを発見したThompson氏とその家族に感謝の意を伝えると共に、影響を受けたユーザーに対し謝罪しています。

Appleの「FaceTime」に応答前に声が聞こえてしまう重大なバグ - 今週後半に修正へ

2 COMMENTS

匿名

うちの端末盗聴できるけど土日は休みまーすwっか
もうセキュリティ語るな

匿名

流石に今週中は無理だろうなと思った。
バグ修正の目標はともかくとしても、出来ない予定を発表しちゃうことが多いのも反省して欲しい。

現在コメントは受け付けておりません。