「グループFaceTime」のバグ修正アップデートの提供は来週になる模様

先日、Appleは「グループFaceTime」の機能に重大なバグが見つかったことから、同機能の提供を一時停止し、週内に修正アップデートをリリースすると明らかにしていましたが、9to5Macによると、アップデートの提供は来週にずれ込むことが分かりました。

そのバグとは、特定の操作を行うと、グループFaceTimeで着信側が応答していないにも関わらず、着信側の音声が発信側に聞こえてしまうといったもの。

Apple曰く、「グループFaceTime」のバグの修正は完了しており、来週に「グループFaceTime」を有効化にするためにソフトウェアアップデートをリリースする予定とのこと。

また、同バグを発見したThompson氏とその家族に感謝の意を伝えると共に、影響を受けたユーザーに対し謝罪しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。