Appleの「FaceTime」に応答前に声が聞こえてしまう重大なバグ - 今週後半に修正へ

Appleが、「グループFaceTime」の機能に重大なバグが見つかったことから、同機能の提供を一時停止しています。

そのバグとは、特定の操作を行うと、グループFaceTimeで着信側が応答していないにも関わらず、着信側の音声が発信側に聞こえてしまうといったもの。

実際にそのバグを再現したものが下記動画ですが、着信側の画面は変わらない為、着信側が音声を聞かれていることに気付かないのも問題となっており、iPhone同士だけでなく、iPhoneからMacに発信した場合でも発生するようです。

なお、同問題はAppleも認識しており、今週後半に同問題を修正するソフトウェアアップデートをリリースする予定とのこと。

システム状況 – Apple

[via TechCrunch/9To5Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。