米Apple、同社2019年度第1四半期(2018年10〜12月期)の業績を発表

本日、米Appleが同社2019年度第1四半期(2018年10~12月期)の業績を発表しました。

数字を簡単にまとめると下記の通りで、今四半期から各種デバイスの販売台数は発表されなくなった他、これまでその他製品として扱われていた項目がWearables/Home and Accessoriesに置き換えられています。
(括弧内は前年同期比)

結果は減収減益で、iPhoneの売上げが15%減となっている他、地域別でも米国以外の全ての地域で減収となり、中国では27%減と大幅にダウンしています。

総 合

・売上高:843億1,000万ドル(5%減)
・純利益:119億6,500万ドル(0.5%減)

各種製品及びサービスごとの売上高

・iPhone:519億8,300万ドル(15%減)
・iPad:74億1,600万ドル(17%増)
・Mac:67億2,900万ドル(9%増)
・Wearables/Home and Accessories:73億0,800万ドル(33%増)
・サービス:108億7,500万ドル(19%増)

地域別の売上高

・アメリカ:369億4,000万ドル(6%増)
・欧州:203億6,300万ドル(3%減)
・日本:69億1,000万ドル(5%減)
・中国:131億6,900万ドル(27%減)
・アジア太平洋地域:69億2,800万ドル(5%増)

なお、詳細は下記のプレスリリースをご覧下さい。

プレスリリース(英語)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。