Apple、2020年発売の新型「iPhone」では全てのモデルで有機ELディスプレイを採用か

本日、Wall Street Journalが、生産計画に詳しい人物らの話として、Appleは2020年に発売する次世代iPhoneでは全てのモデルで有機ELディスプレイを採用するようだと報じています。

記事では、ジャパンディスプレイがiPhone XRの販売低迷が影響し、台湾のタッチパネルメーカーであるTPKホールディングおよび中国の政府系ファンド「シルクロード基金」空の出資受け入れを模索していることが報じられており、その中で、Appleは2020年に発売する新型iPhoneでは液晶ディスプレイを採用せず、代わりにより柔軟な仕様が可能となる有機ELディスプレイを使用する可能性が高いと報じています。

なお、今年発売される次期iPhoneについては、iPhone XRの後継モデルとみられる液晶ディスプレイ搭載モデルが1機種存在すると噂されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。