次期「iPhone」シリーズも3モデル構成に − 「iPhone XS Max」の後継モデルは3眼カメラ搭載か

本日、WSJが、関係筋の話として、Appleが今年発売する次期「iPhone」は現行モデルと同じように有機ELディスプレイ搭載モデルが2機種、通常の液晶ディスプレイ搭載モデルが1機種の計3モデル構成になると報じています。

また、ディスプレイサイズについては3モデルとも現行から変更はなく、有機ELディスプレイを搭載したハイエンドモデルのうちの1つには3眼カメラが搭載され、もう1つのモデルと液晶ディスプレイ搭載モデルについては2眼カメラを搭載するとのこと。

このことから「iPhone XS Max」の後継モデルが3眼カメラを搭載し、「iPhone XS」と「iPhone XR」の後継モデルは2眼カメラになると予想されます。

なお、来年の2020年には全てのモデルが有機ELディスプレイを搭載するものとみられています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。