Apple、同社2019年度第1四半期の業績予想を下方修正

本日、Appleが、12月29日を末日とする同社2019年度第1四半期の業績予想を下方修正すると発表しました。

修正内容は下記の通りで、他の項目については概ね当初の業績予想通りとのこと。

  • 売上高として約840億ドル(当初は890億ドル〜930億ドルと予想)
  • 売上総利益率として38%(当初は38%〜38.5%)
  • 営業費用として約87億ドル
  • その他の収入/(費用)として約5億5,000万ドル
  • 税率約16.5%(個別項目控除前)

下方修正に至った要因は、まず新興市場の経済の減速を挙げており、特に中華圏での減速の大きさが影響しているとのことで、業績予想に対する売上高の不足のほとんどが中華圏におけるiPhone、MacそしてiPadの販売台数の減少を原因とするものであり、中華圏におけるこれらの製品の売上高の減少幅は、世界全体の売上高の前年同期比での減少幅の100%を超えているそうです。

また、いくつかの先進国市場でiPhoneのアップグレードが予想していたほど強くなかったことも影響しているとのことで、この要因としては、キャリアからの補助金が少なくなってきている現状に消費者が適応してきていること、強い米ドルによる価格の上昇、そしてiPhoneのバッテリー交換料の大幅な値引きを利用したユーザーの存在などを挙げています。

iPhone以外のカテゴリは好調

iPhone以外のカテゴリー(サービス、Mac、iPad、ウェアラブル/ホーム/アクセサリー)は、全体で前年同期比約19%増大しており、ウェアラブルは、Apple WatchとAirPodsがホリデーショッパーズの間で非常に人気があったこともあり、前年同期比でほぼ50%成長しているそうです。

また、MacBook AirとMac miniの発売がMacの売上高の前年同期比増につながった他、新しいiPad Proの発売によりiPadの売上高は前年同期比で二桁増となっており、米国、カナダ、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダそして韓国を含むいくつかの先進国では過去最高の売上高を見込んでいる他、メキシコ、ポーランド、マレーシアそしてベトナムなどでは過去最高を記録しているそうです。

なお、詳細は下記のニュースリリースをご覧下さい。

ティム・クックからAppleの投資家への手紙 – Apple

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。