Apple、「AirPower」の技術的課題を克服か

結局、2018年中は何も音沙汰がなかったAppleのワイヤレス充電マット「AirPower」は、その構造上に問題があることから発売が遅れていると噂されていますが、Appleは「AirPower」の構造上の各種問題を既に解決しているかもしれない事が分かりました。

これは開発者のSteve Troughton-Smith氏が報告しているもので、同氏はAppleが「AirPower」の過熱を含む技術的な課題を克服したと聞いているようで、この情報が正しければ同製品はいつでも発売することが可能なはずと述べています。

噂では今年第1四半期(1〜3月)に発売されるとの情報もありますが、同じく発売未定となっている「AirPods」用のワイヤレス充電ケース共々、ここ1〜2ヶ月で何らかの発表があれば良いのですが。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。