米Microsoftが各ブラウザでのバッテリー消費テストの第5弾を公開 − 今回も「Microsoft Edge」が1位に

米Microsoftの「Microsoft Edge」チームが、「Microsoft Edge」、「Google Chrome」、「Mozilla Firefox」の各ブラウザのノートPCのバッテリー駆動時間比較テストの第5弾の結果を公開しました。

今回のテストは「Windows 10 October 2018 Update (バージョン1809)」を適用した後の状態で行われており、テスト内容はこれまでと同じく、同じ設定にした3台の「Surface Book」(スペックはCore i5-6300U/8GB/Intel HD Graphics 520)に「Microsoft Edge 18」、「Google Chrome 69」、「Mozilla Firefox 63」をインストールし、HTML 5ビデオをフルスクリーンでストリーミング再生(Wi-Fi接続)し続け、バッテリーが切れるまでの時間を測定するといったもの。

結果は、「Mozilla Firefox」が8時間16分20秒、「Google Chrome」が12時間53分41秒、「Microsoft Edge」が16時間02分50秒で、「Microsoft Edge」は「Mozilla Firefox」に比べ94%、「Google Chrome」に比べ24%もバッテリー駆動時間が長い結果となりました。

同社は過去にも同様のテストを3回公開していて(1回目/2回目/3回目/4回目)、全てのテストで同様の結果となっています。

なお、今回はテスト様子を撮影した映像は公開されておらず、「Surface Book」の設定基準など詳しい内容はこちらをご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。