次期「iPhone」に搭載される「A13」チップのコードネームの詳細が明らかに

先日、Appleが来年に発売すると予想される次期「iPhone」シリーズに搭載される「A13」チップのコードネームは「Lightning(ライトニング)」だとお伝えしましたが、その後、このことを報告していたLonghorn氏(@never_released)が新たな情報を公開し、「A13」チップ全体のコードネームは「Cebu(セブ)」であることが分かりました。

先日に報告されていたコードネーム「Lightning」は、高性能コアと高効率コアの片方のコードネームのようで、同氏はどちらが高性能コアと高効率コアのコードネームかは明らかにしていないものの、各コアのコードネームは「Lightning」と「Thunder(サンダー)」になるようです。

ちなみに、今年発売された「iPhone XS」シリーズと「iPhone XR」に搭載されている「A12」チップは、高性能コアが「Vortex」、高効率コアが「Tempest」というコードネームとなっており、その前の「A11」チップは「Monsoon」が高性能コア、「Mistral」が高効率コアのコードネームとなっています。

次期「iPhone」に搭載される「A13」チップのコードネームは「Lightning」

3 COMMENTS

匿名

当たり前のように情報を漏らすバカが多くて、アップルも大変だな。

匿名

そりゃ株式会社なんだからこの程度の情報はインサイダーでなくても漏れるよ
KGI証券時代に正確なリークを出していたミンチーなんて良い例だし

匿名

“Lightning”が搭載されUSB-Cに置き換わるのかな

現在コメントは受け付けておりません。