iOS版「Google フォト」、ポートレートモードで撮影した写真のボケを後から調整可能に

本日、Googleはが、「Googleフォト」のiOS向け公式アプリにポートレートモードで撮影した写真の「ボケ」を後から変更する「奥行き」機能を追加したことを発表しました。

これによりポートレートモードでの撮影後の奥行き調整が出来ない「iPhone X」などの端末でも撮影後にボケを調整することが可能となっています。

同機能を利用するには、アプリでポートレートモードで撮影した写真を表示させ、画面下の「編集」アイコンを2回タップすると「奥行き」のインジケーターが表示されるので、それをスライドさせることで変更可能です。
(下記画像参照)

また同時、写真フィルタに背景だけをモノクロできる「カラーポップ」のフィルタも追加されています。

[via ITmedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。