「Surface Pro 4」でタッチ操作が出来なくなる不具合、本体交換の報告例も

今年7月下旬にリリースされたファームウェアアップデートを適用後に、一部の「Surface Pro 4」でタッチ操作が出来なくなる不具合が報告されていることをお伝えしましたが、MSPUによると、その後も同問題は解決されておらず、一部のユーザーが本体を交換して貰えたと報告している事が分かりました。

同問題は、現地時間2018年7月26日にリリースされたファームウェアアップデートをインストールしたごく一部のユーザーで発生している問題で、キーボードやトラックパッドは問題なく利用出来るものの、ディスプレイのタッチ操作が一切反応しなくなるといったもの。

Microsoftは8月の時点で調査を行っていることを明らかにしていましたが、解決策は見つかっておらず、一部のユーザーはサポートに連絡し、保証切れの「Surface Pro 4」でも交換に応じて貰えたと報告しています。

日本でも同様の対応をして貰えるのかは不明ですが、もし問題に遭遇しているのであれば一度Microsoftのサポートに連絡してみるのも良いかもしれません。

「Surface Pro 4」、最新のファームウェアアップデート適用でタッチ入力が出来なくなる不具合が一部で発生

1 COMMENT

匿名

ハードもソフトも、不具合ばっかりじゃん。
マイクロソフト、マジで大丈夫か心配だ。
ナデラになって、余計ひどくなった印象。

現在コメントは受け付けておりません。