米Apple、同社2018年度第4四半期(2018年7〜9月期)の業績を発表

本日、米Appleが同社2018年度第4四半期(2018年7~9月期)の業績を発表しました。

数字を簡単にまとめると下記の通りで、製品及びサービス別では引き続きiTunes StoreやApple Payなどが含まれるサービス部門が好調な他、地域別でも全ての地域で前年同期を上回る結果となっています。
(括弧内は前年同期比)

総 合

・売上高:629億0,000万ドル(20%増)
・純利益:141億2,500万ドル

各種製品ごとの販売台数

・iPhone:4,688万9,000台(0%)
・iPad:969万9,000台(6%減)
・Mac:529万9,000台(2%減)

各種製品及びサービスごとの売上高

・iPhone:371億8,500万ドル(20%増)
・iPad:40億8,900万ドル(5%減)
・Mac:74億1,100万ドル(3%減)
・サービス:99億8,100万ドル(17%増)
・その他製品:42億3,400万ドル(31%増)

地域別の売上高

・アメリカ:275億1,700万ドル(19%増)
・欧州:153億8,200万ドル(18%増)
・日本:51億6,100万ドル(34%増)
・中国:114億1,100万ドル(16%増)
・アジア太平洋地域:34億2,900万ドル(22%増)

なお、詳細は下記のプレスリリースをご覧下さい。

プレスリリース(英語)

iPhone XS/XRの購入はこちら

2 COMMENTS

匿名

シェア4割越えの日本に対しシェア1割未満で苦戦中の中国がダブルスコア 
中国市場重視になるのは仕方がないね

匿名

今は4割切ってるけどな
今後は日本はシェア落ちると思うよ。
値段が高過ぎて一般消費者が付いてこれなくなってるし。
来年は消費税増税があるからね。
中国を重視は当然だろうね。

現在コメントは受け付けておりません。