新型「MacBook Air」はやはり10月30日のイベントで発表か − そのことを示唆する新たな情報

先日、Appleが10月30日に開催するスペシャルイベントで新型「MacBook Air」が発表されるかもしれないとお伝えしましたが、同イベントで新型「MacBook Air」が発表されることを示唆する新たなヒントが出てきました。

そのヒントとは、教育機関の顧客が「MacBook Air」と「iPad」と「Apple Pencil」を注文したところ、「iPad」と「Apple Pencil」は出荷されたものの、「MacBook Air」の出荷が遅れるとのメールがあり、その出荷予定日は”10月30日”になっているとのこと。

これが新型「MacBook Air」が発売される確たる証拠になる訳ではないですが、メールには価格変更に関する言及がないことから、もし本当に新型「MacBook Air」が発売される場合、価格は据え置きになるとみられています。

なお、同イベントでは新型「MacBook 13インチ」も発表されると噂されていますが、個人的には新型「MacBook」は、現行の「MacBook 12インチ」の本体により狭いベゼルと13インチのディスプレイを採用したモデルで、「MacBook 12インチ」から置き換えられ、「MacBook Air」はそのまま残るとの噂を過去に聞いており、新型「MacBook Air」が本当に登場する場合、価格据え置きで内部仕様のみのアップデートになると予想されます。

[via 9To5Mac

iPhone XRの予約 | iPhone XSの購入はこちら

スポンサーリンク