Google、Chrome OSを搭載した2in1デバイス「Google Pixel Slate」を発表

本日、Googleが、Chrome OSを搭載した2in1デバイス「Google Pixel Slate」を正式に発表しました。

「Google Pixel Slate」は12.3インチのディスプレイを搭載し、オプションのキーボードとは磁石で取り付けることが可能で、ノートPCのように利用することも可能で、キーボードはディスプレイの保護カバーとしても利用可能です。

プロセッサはIntelのCeleronや第8世代Coreプロセッサ(Core m3/i5/i7)を搭載したモデルが用意されており、ストレージ容量も64GBから256GBが用意されています。

なお、価格は599ドルで、キーボードは199ドルとなっており、本日から米国などで予約受付が開始され、年内に発売されます。
(日本での発売は不明)

公式サイト(英語)

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。