Apple、「Logic Pro X 10.4.2」をリリース

本日、Appleが、「Logic Pro X」をアップデートし、最新版の「Logic Pro X 10.4.2」をリリースしています。

LogicProX

このアップデートによる変更点は下記の通り。

  • サウンドライブラリの場所を外部ストレージデバイスに変更できます
  • スマートテンポで、マルチトラック録音全体のテンポデータを分析してプロジェクトテンポを定義できます
  • 読み込んだマルチトラックステムで、プロジェクトテンポに従うか、プロジェクトテンポを定義することができます
  • メトロノームなしで録音されたMIDI演奏のテンポをスマートテンポで分析できるようになりました
  • Alchemyに、オーディオの読み込み時に再合成とサンプリングのオプションを選択できるドラッグ・アンド・ドロップ・ホット・ゾーンが追加されます
  • Alchemyでパラメータ値の数値編集ができます
  • 1つのオートメーションポイントを別のオートメーションポイントの上にドラッグすると、それらのポイントの位置が縦に揃うようになりました
  • 新しいミキサーモードで、チャンネル・ストリップ・フェーダーとパンコントロールを使ってセンドレベルとパンを設定できます
  • スコアエディタで、選択した音符に自動スラーを適用できます
  • キーセッションの詳細やスタジオハードウェアの設定を覚えておくために、トラックまたはプロジェクトのノートに写真を追加できます
  • このアップデートには、安定性とパフォーマンスの改善点も多数含まれます

なお、既存のユーザーはソフトウェアアップデートよりアップデート可能で、新規ユーザーの場合は23,800円となっています。

Logic Pro X
価格: 23,800円

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。