Apple、音楽検索アプリ「Shazam」の買収を完了 − アプリは広告廃止へ

Appleが、世界で最も人気があり、高く評価されているミュージックアプリケーションのひとつで、何億人ものユーザを持つ「Shazam」を買収したことを正式に発表しました。

「Shazam」は2008年にリリースされ、テレビ番組、映画、短いコマーシャルなどで流れている曲が何かを判定し、ユーザーがその対象にアクセスできるようにするアプリで、「iOS 8」以降は音声アシスタントの「Siri」にも組み込まれており、2017年末にAppleが買収を認めていました。

Appleが買収を認めた後、欧州委員会が「Shazam」による検索がApple Musicだけに利用者を誘導したり、検索結果によって競合サービスに損害が及ぶのかを調査していましたが、正式発表に至ったということは、最終的に承認されたものと考えられます。

なお、この買収により、近日中に広告が表示されずに「Shazam」を利用できるようになるとのこと。

ニュースリリース
Shazam – 音楽認識 – Shazam Entertainment Ltd.

3 COMMENTS

匿名

数年ぶりにマイクロソフトアカウント作ってOutlookをブラウザで開いたら広告とか付けてんのな
しかもコンテンツブロッカー動かすとなんか文句たれてくるし
PC市場も先がなく、モバイルで即死したとはいえ必死すぎてアカウント消したくなったわ。

匿名

iPhoneユーザーにとっては買収は大歓迎だな。はやくApple Musicと一体てほしい

匿名

クラシックとかのゆったりした曲だと正解してくれない場合が多いから向上してくれるといいな

現在コメントは受け付けておりません。