Apple、「iWork for Mac」の各アプリをアップデート ー ダークモード対応など

本日、Appleが「iWork for Mac」の各アプリをアップデートし、「Pages 7.2」「Numbers 5.2」「Keynote 8.2」をリリースしました。

iworkmnew

今アプリの今バージョンでの変更点は下記の通り。

Pages 7.2

  • オーディオをページ上で直接、簡単に録音、編集、再生できます。
  • ダークモードがサポートされ、Pagesをドラマチックな暗い表示に変えることができます。ツールバーやメニューが背景に溶け込むため、コンテンツにより集中できます。macOS Mojaveが必要です。
  • 連係カメラがサポートされ、iPhoneで撮影した写真やスキャンした書類が、Mac上の書類に自動的に表示されます。macOS MojaveおよびiOS 12が必要です。
  • 自由に編集できる多様な新しい図形を使ってスライドの魅力を高めることができます。
  • パフォーマンスと安定性が向上します。

Numbers 5.2

  • スマートカテゴリを使って、表をすばやく整理および要約し、データを新たな観点から見ることができます。
  • 一意の値や日付範囲(曜日、日、週、月、四半期、年など)に基づいてデータをグループ化できます。
  • 各グループの列のカウント、小計、平均値、最大値、最小値をすばやく表示できます。
  • 要約データのグラフを作成できます。
  • カテゴリを簡単に並べ替えて、データを違う方法で表示できます。
  • ダークモードがサポートされ、Numbersをドラマチックな暗い表示に変えることができます。ツールバーやメニューが背景に溶け込むため、コンテンツにより集中できます。macOS Mojaveが必要です。
  • 連係カメラがサポートされ、iPhoneで撮影した写真やスキャンした書類が、Mac上のスプレッドシートに自動的に表示されます。macOS MojaveおよびiOS 12が必要です。
  • オーディオをスプレッドシート内で直接、簡単に録音、編集、再生できます。
  • 自由に編集できる多様な新しい図形を使ってスプレッドシートの魅力を高めることができます。
  • パフォーマンスと安定性が向上します。

Keynote 8.2

  • ダークモードがサポートされ、Keynoteをドラマチックな暗い表示に変えることができます。ツールバーやメニューが背景に溶け込むため、コンテンツにより集中できます。macOS Mojaveが必要です。
  • 連係カメラがサポートされ、iPhoneで撮影した写真やスキャンした書類が、Mac上のプレゼンテーションに自動的に表示されます。macOS MojaveおよびiOS 12が必要です。
  • オーディオをスライド上で直接、簡単に録音、編集、再生できます。
  • 自由に編集できる多様な新しい図形を使ってプレゼンテーションの魅力を高めることができます。
  • パフォーマンスと安定性が向上します。

なお、各アプリとも無料で、アップデートはMac App Storeより可能です。

Pages
価格:無料

Numbers
価格:無料

Keynote
価格:無料

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。