Apple、「macOS Sierra」と「macOS High Sierra」向けに「Safari 12」をリリース

本日、Appleが、「macOS 10.12 Sierra」と「macOS 10.13 High Sierra」向けに「Safari 12」の配信を開始しています。

「Safari 12」は「iOS 12」や9月25日にリリースされる「macOS 10.14 Mojave」に搭載されている最新の「Safari」で、同アップデートにはプライバシー、互換性、およびセキュリティの改善を含む以下の修正が含まれています。

  • Webサイトのアイコンをタブに表示する機能を追加
  • アカウントの作成時またはパスワードの変更時に、強力で一意なパスワード候補を自動入力
  • 繰り返し使用されているパスワードに、Safari環境設定のパネルで印を表示
  • 特定のWebサイトでポップアップを許可またはブロックする機能を追加
  • 埋め込みのコンテンツやソーシャルメディアのボタンにより、許可なくクロスサイトトラッキングが行われることを防止
  • Macデバイスを一意に識別する広告主の能力を弱めることで、広告のリターゲティングを抑制
  • ブラウズのパフォーマンスを低下させるSafari機能拡張を自動的に無効化
  • Appleが検査したレガシーSafari機能拡張のみに対応することで、セキュリティを改善
  • ほとんどのNPAPIプラグインへの対応を中止することで、セキュリティを改善

なお、アップデートはMac App Storeより可能です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。