新型「iPhone」シリーズの仕様を著名アナリストが予測 − 「Apple Pencil」はサポートせず

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストMing-Chi Kuo氏が最新のレポートで、今年発売される新型「iPhone」シリーズの仕様を公開しました。

その情報をまとめると下記の通りで、5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルは9月に発売される予定だが、6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルは製造上の問題を抱えており、有機EL搭載モデルよりもわずかに遅れて出荷が開始される見込み。

  5.8インチモデル 6.5インチモデル 6.1インチモデル
ディスプレイ 有機ELディスプレイ 有機ELディスプレイ 液晶ディスプレイ
解像度 2436×1125 2688×1242 1792×828
プロセッサ A12 A12 A12
RAM 4GB 4GB 3GB
ストレージ 64GB/256GB/512GB 64GB/256GB/512GB 64GB/256GB
SIMスロット シングルSIMのみ シングルSIM/デュアルSIM シングルSIM/デュアルSIM
メインカメラ 1,200万画素
(デュアルレンズカメラ)
1,200万画素
(デュアルレンズカメラ)
1,200万画素
(シングルレンズカメラ)
アンテナ 4 x 4 MIMO 4 x 4 MIMO 2 x 2 MIMO
筐体 ステンレス ステンレス アルミ
バッテリー 2,700〜2,800mAh
(2セル)
3,300〜3,400mAh
(2セル)
2,600〜2,700mAh
(1セル)
カラー 3色 3色 5色
価格 800〜899ドル 900〜999ドル 600〜699ドル

なお、先日に新型「iPhone」の有機ELディスプレイ搭載モデルは「Apple Pencil」をサポートするとの情報がありましたが、同氏は今年発売されるモデルでは「Apple Pencil」はサポートされないと報告しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。