Apple、来月に新型「iPhone」とともに低価格の新型「MacBook」を発表へ ー Kaby Lake搭載で価格は1,200ドル??

Appleは今秋に「MacBook Air 13インチ」に代わる新モデルとして「MacBook 13インチ」を投入すると噂されていますが、本日、DigiTimesが、業界筋の話として、Appleは今年9月にエントリーモデルとなる「MacBook」を発表する予定だと報じています。

その低価格の「MacBook」はIntelの第7世代Coreプロセッサ(Kaby Lake)を搭載し、価格は1,200ドル(約130,000円)になるとのこと。

また、この新型「MacBook」に加え、予てから噂されている6.1インチ、5.8インチ、6.5インチの3つの新型「iPhone」が9月に発表される予定で、同時にワイヤレス充電マットの「AirPower」の発売日も発表され、価格は5,000〜6,000NTドル(約18,000円〜21,500円)になるとみられています。

さらに、Appleは11インチと12.9インチの新型「iPad Pro」も準備されており、新型「iPad Pro」にはUSB-Cポートを採用した新しい18Wの電源アダプタが同梱され、「iPad mini」については新モデルの計画はないようです。

4 COMMENTS

匿名

値段よりも気に食わなかったら返品、交換が容易にできるサポートレスポンス考えてApple Storeで購入する人間が言うのもなんだけど
どこが低価格なんだよと思わざるを得ないし、確実に新規顧客の獲得には繋がらないわ。
PC自体が廃れていくのにハイブリッドOSも出遅れどころか開発しないとか言い出してるし、今の時代錯誤戦略は数年後偉く響くだろうなあ……

匿名

まあハイブリッドっていうかiPad含めたiOSが劣化Mac OSでしかないから機能を盛ればそれでいいところもあるんだけど。

匿名

ハイブリッドOSってWindows 8しか思い浮ばないかなあ。

現在コメントは受け付けておりません。