低価格の新型「MacBook 13インチ」はやはり今秋に登場か

Appleは今年後半に「MacBook Air」に代わる低価格の新型「MacBook 13インチ」を投入すると噂されていますが、DigiTmesによると、その新型「MacBook 13インチ」の受託製造はQuantaが受注する見込みであることが分かりました。

QuantaはこれまでノートPCの受託製造数では世界1位でしたが、2018年第2四半期(4〜6月)には2位のCompalがDellやAcerからの受注増加によりQuantaを追い抜いたそうで、Compalの第3四半期の出荷台数は1,000万台を突破するとみられています。

QuantaもAppleの新しい安価な「MacBook」の受注により、第4四半期の出荷台数は1,000万台を超えるとみられており、両社の争いは非常に厳しいものになると予想されています。

なお、第4四半期(10〜12月)に出荷台数が増加するということは、新型「MacBook」は9〜10月頃には発表および発売されるものと予想されます。

「MacBook 13インチ」は「Kaby Lake Refresh」プロセッサを搭載し、年内に発売か

低価格の新型「MacBook 13インチ」は今年後半に登場か

2 COMMENTS

匿名

MacOS XのシェアなんてWindows10よりもずーっと小さいんだから、とは思っても、一社独占のハードウェアだから利幅も大きいだろうし作る側としても美味しい話なんだろうなあ。

匿名

ノーマルのMacBookを990ドルにしてくれればいいんだけど

現在コメントは受け付けておりません。