低価格の新型「MacBook 13インチ」はやはり今秋に登場か

Appleは今年後半に「MacBook Air」に代わる低価格の新型「MacBook 13インチ」を投入すると噂されていますが、DigiTmesによると、その新型「MacBook 13インチ」の受託製造はQuantaが受注する見込みであることが分かりました。

QuantaはこれまでノートPCの受託製造数では世界1位でしたが、2018年第2四半期(4〜6月)には2位のCompalがDellやAcerからの受注増加によりQuantaを追い抜いたそうで、Compalの第3四半期の出荷台数は1,000万台を突破するとみられています。

QuantaもAppleの新しい安価な「MacBook」の受注により、第4四半期の出荷台数は1,000万台を超えるとみられており、両社の争いは非常に厳しいものになると予想されています。

なお、第4四半期(10〜12月)に出荷台数が増加するということは、新型「MacBook」は9〜10月頃には発表および発売されるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。