auとUQ mobile、豪雨災害被災者に「データ容量10GB」を追加付与

本日、KDDI(au)とUQ mobileが、平成30年7月豪雨で被災されたユーザーに対し、10GB分のデータ通信容量を無償で提供することを発表しました。

対象は、平成30年7月豪雨により災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所が所在するユーザーとなっており、対象プランや追加方法などは下記ニュースリリースをご覧下さい。

KDDI
UQ mobile

また、NTTドコモも先日に支援措置を発表しており、付属品の無償提供や携帯電話機購入時における特別割引、故障修理代金の一部減額などを行ってますので、詳細は下記をご覧下さい。

支援措置 – NTTドコモ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。