日本マイクロソフト、「Surface Go」を8月28日に発売へ − 予約受付は明日から開始

本日、日本マイクロソフトが、「Microsoft Surface」の新製品として、「Surface Go」を発表しました。

「Surface Go」は10インチのディスプレイを搭載した安価なモデルで、日本では2018年7月12日(木)より予約受付を開始し、8月28日(火)より発売され、2018年内にLTEモデルが発売予定です。

「Surface Go」の国内での価格は一般向けが64,800円から、教育機関向けが47,800円からとなっており、で主な仕様は下記の通り。

・10インチのPixelSenseディスプレイ(1800×1200)
・Intel Pentium Gold 4415Y
・最大9時間のバッテリー駆動時間
・165度まで開くキックスタンド
・Surface Connect、USB-C 3.1、ヘッドフォンジャック、MicroSDカードスロット
・4GB/8GBのRAM
・64GB/128GB/256GBのストレージ
・Wi-Fiモデル/LTEモデル

また、「Surface Go Signature タイプカバー」や「Surface モバイル マウス」、拡張ケーブルなどの新しいアクセサリも8月28日に発売されます。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。