App Store 10周年 − App Annieが過去10年の歴代・累計ランキングを公開

本日、iOS App Storeがオープン10周年を迎えましたが、アプリ調査会社のApp Annieが、App Storeの10年間のダウンロード数や消費支出ランキングをまとめたレポートを公開しました。

この10年間のアプリの世界ダウンロード数ランキングでは、Facebookの公式アプリが1位で、2位には同じFacebookのMessengerアプリがランクインしており、トップ10にFacebookのアプリが4本もランクインする結果となっています。

アプリの世界消費支出ランキングは、1位は動画配信サービスのNetflixで、2位は音楽配信サービスのSpotifyと、動画や音楽の配信サービスの公式アプリが多くランクインしています。

ゲームだけに特化した世界ダウンロード数ランキングでは、1位はCandy Crush Saga、2位はSubway Surfers、3位はFruit Ninjaといった順になっており、世界支出ランキングでは1位はClash of Clans、2位はCandy Crush Saga、3位はモンスターストライク、4位にパズル&ドラゴンと日本のパブリッシャーのゲームも複数ランクインしています。

次は日本だけの非ゲームアプリのダウンロード数ランキングでは、1位はLINE、2位はYouTube、3位はGoogle Mapsといった結果になり、非ゲームアプリの消費支出ランキングでもLINEが1位を獲得し、2位にLINEマンガ、3位にLINE PlayとLINE系のアプリがトップ3を独占する結果となりました。

ゲームアプリだけのダウンロード数ランキングは、1位はディズニーツムツム、2位はモンスターストライク、3位はパズル&ドラゴンといった結果で、消費支出ランキングではモンスターストライクが1位、パズル&ドラゴンが2位、Fate/Grand Orderが3位といった結果になりました。

なお、これまでの10年間で450万本を超えるアプリがApp Storeでリリースされており、累計ダウンロード数は1700億回以上とみられ、主要市場のiPhoneユーザーは100本を超えるアプリを所有し、毎月40本を超えるアプリを利用しているといった調査結果が出ています。

App Annieの詳しい調査レポートはこちらからダウンロード可能です。

ニュースリリース
App Annie

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。