Apple、独自収集した地図データを利用した新しい「Apple Maps」のプレビューを来週公開へ − まずは米国の一部地域から

Appleは以前より車両を使用して地図データの収集を実施していますが、TechCrunchによると、Appleが来週から米国の一部地域において、独自に収集した地図データを利用した新しい「Apple Maps」の提供を開始する予定であることを明らかにしました。

新しい地図データを利用した「Apple Maps」はまずは米国から導入され、来週にリリースされる「iOS 12 beta 3」からプレビューされる予定で、当初の対応地域はカリフォルニア州のベイエリアのみですが、今秋には北カリフォルニアをカバーし、来年には全米各地に拡大する予定。

新しい地図データの導入に際して、地図のデザインに大きな変更はないものの、地図データがより詳細に表示され、視覚的に豊かになる他、検索やナビも改善されます。

なお、Appleとしては将来的にサードパーティのデータを完全に排除し、全て独自のデータだけで運用したい意向のようです。

スポンサーリンク