「Windows 10 April 2018 Update」、全ての対応デバイスに提供開始 − 適用済み端末は2億5,000万台を突破

本日、Microsoftが、現地時間の4月30日に提供を開始した「Windows 10 April 2018 Update」が対応する全てのデバイスで完全に利用可能になったことを発表しました。

本日より同アップデートはWindows Updateで自動的に適用されます。

また、同アップデートが稼働している端末の台数は2億5,000万台を突破しており、前アップデートである「Windows 10 Fall Creators Update」の時に比べると半分以下の期間で2億5,000万台を突破したそうです。

なお、「Windows 10」が稼働している端末の台数は、今月初めに7億台を突破しています。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。