「Windows 10 April 2018 Update」、全ての対応デバイスに提供開始 − 適用済み端末は2億5,000万台を突破

本日、Microsoftが、現地時間の4月30日に提供を開始した「Windows 10 April 2018 Update」が対応する全てのデバイスで完全に利用可能になったことを発表しました。

本日より同アップデートはWindows Updateで自動的に適用されます。

また、同アップデートが稼働している端末の台数は2億5,000万台を突破しており、前アップデートである「Windows 10 Fall Creators Update」の時に比べると半分以下の期間で2億5,000万台を突破したそうです。

なお、「Windows 10」が稼働している端末の台数は、今月初めに7億台を突破しています。

ニュースリリース

「Windows 10」搭載端末が7億台を突破 − リリースから約3年

3 COMMENTS

匿名

macosとやっていることは同じなのに、こっちはいまいち話題に上がらないなぁ…
会社づかいで散々痛い目を見てきたからかな?
<Windows UPDATE

匿名

皆が痛い思いをしていたら逆に大きな話題になるよ。
Winのアップデートは昔からこんな感じだよ。

匿名

問題の大半は、未だ未解決。
マイクロソフトは対応せよ!
嫌がらせで仕込んでないか?

現在コメントは受け付けておりません。