2019年発売の次世代「iPhone」はやはりトリプルレンズカメラを搭載か

以前にも同様の情報がありましたが、経済日報によると、ドイツ証券のアナリストであるJialin Lu氏が、Appleは2019年にトリプルレンズカメラを搭載した「iPhone」を発売するだろうと予測している事が分かりました。

トリプルレンズカメラでは、2つのセンサーを使って異なる角度から1つの被写体を認識することで「iPhone」との距離を測定し、3Dセンシングが可能になるとのこと。

また、ズーム機能も強化され、初めて3倍の光学ズームが可能になるかもしれないそうです。

なお、カメラモジュールのサプライチェーンには、大立光電、Sony、Sharp、LG Innotek、Alpsが含まれており、大立光電は主にレンズを供給するとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。