2019年発売の次世代「iPhone」はやはりトリプルレンズカメラを搭載か

以前にも同様の情報がありましたが、経済日報によると、ドイツ証券のアナリストであるJialin Lu氏が、Appleは2019年にトリプルレンズカメラを搭載した「iPhone」を発売するだろうと予測している事が分かりました。

トリプルレンズカメラでは、2つのセンサーを使って異なる角度から1つの被写体を認識することで「iPhone」との距離を測定し、3Dセンシングが可能になるとのこと。

また、ズーム機能も強化され、初めて3倍の光学ズームが可能になるかもしれないそうです。

なお、カメラモジュールのサプライチェーンには、大立光電、Sony、Sharp、LG Innotek、Alpsが含まれており、大立光電は主にレンズを供給するとのこと。

来年発売の次期「iPhone」はトリプルレンズカメラを搭載か

3 COMMENTS

匿名

2018モデルすらまだなのに気が早い情報だな。
カメラトリプルとかもうスマホでやることないからってとこだな。
いよいよ機種変更よりバッテリー交換して延命させる運用の方が賢くなってくるな。

匿名

それはあなたが単純にカメラの機能を使ってないからでしょ?
ポートレートモードの精度や速度が上がれば使う人は増えますよ。
あなたの物差しだけで賢いかどうか、断言するのがすでに賢くないですね。

匿名

カメラ機能使ってるけどなw
妙に喧嘩腰で必死感があるけど、アップルの工作員の方かな?

現在コメントは受け付けておりません。