来年発売の次期「iPhone」はトリプルレンズカメラを搭載か

経済日報が、サプライチェーンからの情報として、2019年に発売される次期「iPhone」シリーズのうち少なくとも1つのモデルはトリプルレンズカメラを搭載するようだと報じています。

トリプルレンズカメラを搭載することで、写真の画質向上や光学ズームの倍率向上などのメリットがあるようで、次期「iPhone」には5倍ズームに対応した6層レンズのカメラが新たに搭載されるとのこと。

トリプルレンズカメラといえば中国のHUAWEIのフラッグシップモデルである「HUAWEI P20 Pro」に既に搭載されており、技術的には問題ありませんが、経済日報が報じる情報は正しくないことも多い為、あくまで噂として捉えておいた方が良さそうです。

[via Apple Insider

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。